IoT社会の発展への貢献

IoTをキーワードに進化する情報化社会

IoT (Internet of Things)が情報化社会のキーワードとなって久しく、あらゆるモノはインターネットおよびインターネット上の情報資産と連携して機能するようになりつつあります。スマートデバイス、クラウドコンピューティング、ビッグデータ分析など、最新トレンドの多くがIoT社会の基盤を形成してゆくことが期待されています。

IoT社会の基盤技術としてのOSCARTech®並列化ソリューション

クラウドコンピューティングやビッグデータを用いた次世代の情報サービスにおいては、インターネットの通信量が増加し、莫大な電力コストがかかることが懸念されています。たとえば、通信機器の消費電力の増加のみで、全発電量を超えるという試算があります。加えて、スマートデバイスの利用が我々の生活に浸透するにつれ、より快適な応答性と使用持続時間が要求されます。従って、今後はあらゆるモノの徹底的な電力効率の向上が必要不可欠であり、OSCARTech®並列化ソリューションの真価が発揮されます。