災害時でも稼働を続けるインフラの実現

大災害から人命を守る技術

「デザスター(大災害)」は、近年になり注目されているキーワードであり、これへの対応、すなわちデザスターサバイバルの技術は人命を守るために不可欠となっています。そこで最近では、災害時に情報通信インフラへの電力供給が喪失する事態に至っても、太陽光など自然エネルギーを利用した自立駆動装置の実現が期待されており、研究開発も盛んに行われています。しかし自立駆動型装置の実現を容易にするには省電力のための技術的ブレイクスルーが欠かせません。

OSCARTech®が支えるデザスターサバイバルコンピューティング

当社が描く近未来の情報通信ネットワークは、東日本大震災のような大災害時においても稼働可能な、予測・避難誘導システムです。自治体・放送事業者・テレビ・スマートデバイス・災害予測/避難誘導シミュレータ等が、ハイブリッドキャストやインターネットを通じてきわめて広範囲に連携し、避難誘導・救済活動を高度に支援します。OSCARTech®並列化ソリューションは、電力ブレイクスルーを起こしこれらのシステムを実現することができる革新的技術です。